Duma Key

c0067272_7271831.jpg


すごく久しぶりに、スティーブン・キングの小説を読みました。
Duma Key という本。
フロリダを舞台にした、もちろんホラー小説です。
ほんとにひさしぶり・・・Green Mile以来かも!?

読み始めたのは去年なんだけど、
(飛行機の中で読もうと思って買った)
当然、飛行機の中だけで読み終わるはずもなく、
なんだかものすごくバタバタしてた11月~12月の間は
ほとんど読めず(気持ちに余裕がないと英語の本は読めないのです007.gif)、
お正月休みの間に一気に読み終えました。

まあ、ホラー小説なので、
ものすごくためになるととか、感動するとか、いうわけではないんだけど、
私にとっては、英語で本を読むときには、とにかく
途中で挫折しないようなハラハラドキドキする展開が必要なので(汗)
そういう意味では、キング本は結構、読んでます。

あと、キングの文体も結構好きです。
今回のDuma Keyも、アメリカ国内の批評で"Kingのstory tellerとしての真骨頂!”
みたいなことが書かれていただけあって、
なかなか味わいのある文章で、よかったです。

あと、登場人物(特に脇役陣)の描写がなかなか魅力的で、
それもよかった。

文体でいえば、一番、「うーん、こう来たか・・・・」と
私レベルのつたない英語力でも感心してしまうのが
ジョン・アーヴィング(「ガープの世界」とか、「ホテル・ニュー・ハンプシャー」の作家)
の文章なんだけど、キング本よりさらに心に余裕がないと読めないので
最近読んでないです。

(ちなみに、「ホテル・ニュー・ハンプシャー」はそれほど英語難しくないし、
おすすめですよ!ほんとに、いい本です。)


さて、キング本に話を戻すと、
今まででよかったのは、Green Mile(これは映画もよかった♪)、
Pet Cemetary (映画は最悪だった・・・本はなかなかいいですよー)、
あまりメジャーじゃないけどNeedful Thingsという本も
妙に怖くてよかった・・・・
ミザリーも映画はそれほど怖くなかったけど本は怖かったよ~!

1月2日のブログに書いたとおり、
今年は英語をもっとちゃんと勉強しなくては、と思っています。
英語力の向上は、インプット(読む、聴く)の量と比例するというのは
わかりきっているので、とにかく、たくさん読みたい!!
なんとか月一冊を目標として、読みたいなーと思っています。
でも、とにかく英語は読むのに時間がかかる!
日本語の本を読むのはかなり早いほうなのですが、
いったい何倍の時間がかかってるだろう??
日本語の本だけでも、読みたいのがたくさんあるのに、
はたして月一冊、可能なんだろうか??
・・・・でも、時間の使い方をちゃんと考えれば、きっと読めるはず!

と、年初にふさわしく、ちょっと決意めいたことを、表明してみました(笑)
さあて、今年1年、どれだけ読めるでしょうか!?
by mitlan | 2010-01-08 07:50 | books

あちこち旅をしながら、働き、考え、遊ぶ日々を綴ります。料理教室(鎌倉 Whole Foods Studio、熊本 Native Foods)、講演のお知らせもこちらに載せています。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31