波多野さん講演会@WFS → サティシュ・クマール講演会へ!

昨日は、阿蘇TAO塾波多野さんのWhole Foods Studio用賀での講演!

テーマは 医食農同源

土に触れ、食物を生み出し、ひとつらなりの命を知ることの大切さ、
食、農、医は切り離して考えることはできず、
それが個人だけでなく地球全体の命にまでつながっているということ、
そして卵1個、肉1キロを生産するのにどれだけたくさんの大豆や水が
必要かということなど、様々な角度からお話を伺うことが出来ました。

ヴァーチャル・ウォーターという言葉も初めて聴きました。
たとえば、牛丼1杯分の材料(ほとんど輸入)を生産するために
使われている水の量(は500mlのペットボトル4000本なのだそうです!

つまり、日本は多くのヴァーチャル・ウォーターを
海外から輸入している、とうことになります。
なんと、もったいない・・・・

いろいろとまだまだ、知らないこと、考えなくてはいけないことが多いと
改めて思いました。

c0067272_9492026.jpg


c0067272_09047.jpg



そして、更に状況は濃い方向へと発展していくのですが(笑)
波多野さんの講演のあとは、波多野さんや出席して下さった生徒さん数人も一緒に、
サティシュ・クマール氏の講演に行ってきました!

これが・・・・すごかった!

サティシュ氏は、持続可能で豊かな社会を創り出していくための
国際的な教育機関であるシューマッハ・カレッジの創出者である、
インド出身イギリス在住の思想家。
現代に生きるガンジーとも言われ、
核兵器廃棄を各国首脳に説く2年半、1万4000キロの平和巡礼を
行ったことでも知られています。

今ある経済の仕組みに人間を無理やり当てはめる時代はもう終わった、
真に幸せになるための新しい仕組みを、これからはひとりひとりが
考えていくことが重要不可欠である、という話など、
根本的な価値転換の必要性についての非常に中身の濃い話を
聴く事が出来ました。

ゲストスピーカーの江戸文化研究家、
田中優子先生のお話も素晴らしかった!
足るを知っていた自給自足社会だった江戸の人々の価値観には
大いに学ぶところがある、と改めて思いました。

そして初めて生で(笑)見る、田中先生の美貌にびっくり!
とても60歳には見えない・・・・素敵です。目標にしたい!

c0067272_19445351.jpg


c0067272_1243248.jpg


講演のあとの交流会でも、サティシュさんや、
オーストラリアのディープエコロジストでありシンガーソングライターである
アンニャ・ライトさんとも直接お話することができ、
また、以前会ったことのある方、ネットだけでつながっていた方、
共通の知り合いがたくさんいる方、などなどにたくさんお会いできて、
とても楽しい有意義な時間を過ごすことが出来ました!

なんともぜいたくな、充実した一日だったなあ・・・・・♪

サティシュさんの映画DVD購入、
サインを頂き、記念撮影!↓
c0067272_19151552.jpg



波多野さん講演に来て下さった、
Whole Foods Studioの生徒さんたちと、サティシュ クマール氏講演会会場で!↓
c0067272_19152552.jpg



サティシュ クマール氏に、「押し寄せる食のグローバリゼーションの波の中で、
ローカルフード、ネイティブフードの重要性と素晴らしさを
人々(特に若い世代の親たち)にどうremindして行けるか」についてご意見を伺いました↓

c0067272_1235437.jpg


サティシュ氏、波多野さん、
映画「幸せの経済学」をつくった、NPO法人「懐かしい未来」 代表の鎌田陽司さん。↓
c0067272_19153466.jpg

by mitlan | 2012-02-26 19:24 | special event

あちこち旅をしながら、働き、考え、遊ぶ日々を綴ります。料理教室(鎌倉 Whole Foods Studio、熊本 Native Foods)、講演のお知らせもこちらに載せています。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30