気功から診る心と体〜気功ワークショップ開催します!

9月12日(土)、13日(日)、Whole Foods Studio鎌倉にて、タイ・チェンマイ在住の気功インストラクター、露木祐絵(つゆき・さちえ)さんによる気功ワークショップを開催します。さちえさんとは、4年前に、Kushi Institute Europe(オランダ)のサマーカンファレンスに講師として参加した際に知り合って以来、情報交換を行って来ましたが、今回、念願かなって鎌倉で一緒にのワークショップを開催できることになりました!食・息・動・想すべてに関連する深く面白い気功の世界を、初心者にもわかりやすく伝えて頂けるワークショップ。気功に興味はあるけれども、いままで学ぶチャンスがなかったという方、この機会に是非、参加ご検討下さい♪

☆★☆ 気功ワークショップ in 鎌倉 ☆★☆
〜 気功から診る心と体 〜

東洋医学と共に発展したMedical Qi Gong(メディカル気功)の基本コース。ひとりひとりの気の流れや癖を総合的に診断し、内側から「ご自身で」バランスを整えるエクササイズをお伝えします。私たちの今ある環境・状況、自分自身の状態、すべては自然の摂理に基づいた結果。その摂理を理解し内観することで見えてくる気付きは計り知れません。難しい仏教哲学と東洋医学の原理を、わかりやすくひとりひとりの体の感覚を通してお伝えします。

●Session 1: 9月12日(土) : 丹田‐中心軸を培う
丹田とは体の中心軸のこと。この軸を培い安定させていくことで心と体の総合的なバランスが整い、内側から湧きあふれる強さを経験することができます。個人に合わせた具体的な指導と共に、上半身のこりを和らげ、丹田と足腰のバランスを整えていきます。

●Sessioin 2: 9月13日(日)気功と気づき‐Moving Meditation
古くいにしえから伝えたれてきた気功。洗練された動作と呼吸を通して気づきの瞑想を学びます。気功の練習とは、一瞬一瞬の気づきの繰り返し。心を研ぎ澄まし、今この瞬間に置き、あるがままを観察することで浄化の第一歩が始まります。丹田と気づき、このふたつは気功の練習に欠かせないエッセンス。相互作用をもたらすためにも、2日間のご参加をお勧めします。

【講師】露木祐絵 (つゆきさちえ):13年前から代替医療と仏教瞑想に興味を持ち、タイ国チェンマイでの5年に渡るタイマッサージトレーニングをはじめ、ヨーロッパでの施術・指導経験、アムステルダムでの7ヶ月マクロビオティック研修まで、国境を越えた習得、そして指導へ力を注ぐ。2010年、ヨーロッパから現在拠点を移し、第二の故郷チェンマイへ。そのチェンマイで気功マスターであるハマン先生に出会いさらなる真理を学ぶべく従事を始める。メディカル気功の教育センターThai Qi Holiscticsの共同創始者であり、現在シニアインストラクターを務め、トルコ、フランスでの普及に着手する。www.thaiqiholistics.org

【日程】
●Session 1: 9月12日(土)10時半〜12時半 その後マクロビオティックランチ(13時半修了予定)
●Session 2: 9月13日(日)10時半〜12時半 その後マクロビオティックランチ(13時半修了予定)

【参加費】各セッション 4,800円、2セッション受講の場合は合計9,000円 両セッションとも、マクロビオティックランチつきです。

【定員】6名

【お申し込み、お問い合わせ】wholefoodstanpatsu@yahoo.co.jp

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Whole Foods Studio
現在募集中のクラス一覧はこちらです↓
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※9/18(金)、9/19(土)には、チェンマイ在住のデザイナーによる服飾雑貨の展示も開催されます。toricot主宰の料理研究家・赤城美知子さんによるお菓子も登場します!← こちらの展示イベントのお問い合わせは、
mail☆toricot.com (☆を@に変えてください)まで・・・・!

c0067272_22284087.png



by mitlan | 2015-07-19 22:30 | @classroom & beyond

あちこち旅をしながら、働き、考え、遊ぶ日々を綴ります。料理教室(鎌倉 Whole Foods Studio、熊本 Native Foods)、講演のお知らせもこちらに載せています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31