酵母のご馳走~たらの芽の、炊き込みごはん

c0067272_14383434.jpg
東京編撮影の最終日。
ウエダ家さんの指導のもと、この日に合わせて
仕込んでおいた「たらの芽酵母」を使って、
炊き込みご飯を作った。

五日目の「たらの芽酵母」は、びんのふたをあけると
しゅわしゅわっ と音がして、
なんともいえないさわやかな香り。
酵母液をなめてみると、野菜ブイヨンのようなコクがある。

玄米3カップに、酵母液をあるだけ(2カップと1/4)、あとは
水を足して合計3カップの水分にして、少し多めに塩をふって、
圧力鍋で炊いてみた。
玄米は浸水せず。

圧が上がって30分炊き、圧を落として、
さあ、炊き上がり! ドキドキしながら蓋をとる。
山の生命が凝縮された濃い香りがふわーっと、
湯気とともに立ち上る。
天地返しするうちに、すっかり柔らかくなったたらの芽が、
ほろほろと崩れ、いい具合にご飯に混ざる。

お茶碗によそい、おはしですくってみて、あらびっくり!
浸水していないのに、ものすごく柔らかい。
もちもちして、おこわのように、粘っている。
そして、本当にダシで炊いたかのような、深いコク。
いやー、こういうご飯は、初めて。

善右衛門さんも、私も、
翌日の仕込みのために訪れていたWFS講師のさちこさんも、
撮影を見学&手伝いに来てくれていたゲストたちも、
初めての「酵母ご飯」体験に、すっかり参ってしまったのであった。



この本の制作をきっかけにして、
いろいろなことが、いろいろなつながりが、広がっていく。
スパイラルのように。
酵母の増殖のように。
本が出るということと同じくらい、いや、もしかしたらそれ以上の、
かけがえのない財産ができてゆく。
by mitlan | 2006-05-16 14:39 | gohan / oyatsu

あちこち旅をしながら、働き、考え、遊ぶ日々を綴ります。料理教室(鎌倉 Whole Foods Studio、熊本 Native Foods)、講演のお知らせもこちらに載せています。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31