嬉しい遠隔参加

c0067272_22184121.jpg


先日、ナチュラル・フードつながりの友人たちと
楽しいポットラックをしたのですが、
そのときに、とっても来てほしかったんだけれども、
遠方に引っ越してしまったので参加かなわなかったのが、
長年の講師仲間、Sちゃん。

そんな彼女が、「遠隔参加しま~す!」と、
ポットラックの日程に合わせて、
ダンナさんのご実家でつくっている、
美味しい美味しいお野菜やりんご、銀杏などを
たくさん送ってくれました!


入っていたケールの葉(「謎の葉物」というタイトルがついていた 笑)を
早速炒めて皆で頂いたり、りんごをデザートに切ったり、
大根や銀杏、りんごを分けたり・・・・

遠くにいるはずの、Sちゃんをとっても近く感じました!

距離って、実は、大した要素じゃないのかもしれないですね。
何事も、どうとらえるかは自分次第・・・!
by mitlan | 2011-12-12 22:15 | friends

c0067272_21544615.jpg


c0067272_21544640.jpg





ここ数週間、かなり真面目に働いていました(笑)
ほとんど休む間もなく、ベーシック、中級、インストラクター養成コース、
単発クラス、体験クラス、恵比寿のスクール・・・・
合間に翻訳、デスクワーク。
皆さんに助けられ、なんとか、無事に乗り越えてきています。

そんな中、いろいろと楽しいお誘いも頂き(あるいは企画し)、
すべてに参加することは出来なかったのですが、
ところどころで、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

ブログでも書きましたが、鎌倉コミュニティの忘年会によんでいただいたり、
その流れで朝のカフェで集まったり、
鎌倉にあそびに来た生徒さん達と、なると屋さんでお食事したり、
満月美学スペシャル(満スペ)のライブに行ったり、
ナチュラルフードつながりの友人たちと、楽しいポットラックをしたり、
今朝も書きましたが、友達の素敵なおうちで朝ごはんを頂いたり。

本当に有難いことに、心からやりたいと思う仕事をしているので、
どんなに忙しくてもストレスが溜まったり、精神的に疲れたりすることはないのですが、
やっぱり仕事ばっかりで何日も過ごしてしまうと、
なんとなく煮詰まった感じになり、笑顔やアイデアが出にくくなったり(危険~!笑)
感度が鈍ったり、してしまような・・。

そんな時には、気分転換って本当に大切だな、と思います。

一緒に笑っておしゃべりして何か一緒に食べたりして、
心からほっとさせてくれる、リフレッシュさせてくれる仲間たちがいることが
本当に嬉しい、ありがたいと思います。
by mitlan | 2011-12-12 21:42 | daily life

c0067272_15294133.jpg


一昨日のCertification Program(インストラクター養成コース)で、
「よい講師って、どんな講師?」というディスカッションを行いました。

このコースは、カリキュラムの最終に差し掛かっているのですが、
「インストラクターへの心構え」というクラスを行うことになっており、
その一環としてのディスカッションです。


こういうディスカッションは、決して、
「正しい答え」を出すことを目的としているわけでは、ないのです。

むしろ、「正しい答え」など、存在しない、
ひとりひとりが、考え、話し合い、他の人の話を聴き、
そして何かを見出してくれることが、いちばんいいと思っています。


皆さんに、あらかじめ自分の考えをまとめてきてもらったうえで、
グループで話し合ってもらい、それを全員にシェアしてもらいました。


マクロビオティックの理論に精通しているとか、
陰陽について正しく解説できるとか、
「正しい」食事をしているとか、そういうことを挙げた人は、
見事に(笑)、ひとりもいませんでした。


伝える相手の気持ちを理解すること。
何を求めているか、察する努力をすること。
そのためには、思いやりと愛が欠かせないということ。

一方的にならないこと。
押し付けないこと。
コミュニケーションを常に大切にすること。

柔軟であること。
いつも心をオープンにしておくということ。
思い込みをしないこと。

引き出しをたくさんもっていて、
臨機応変に対応できること。

誠実であること。
清潔感があること。
信頼される人柄であること。

自分自身が、楽しむことが出来る人であること。




私自身が、こうありたい(まだまだですが・・・精進しますm(__)m)と
思うような講師像がそこには描かれていて、とっても嬉しく感じました。


ちなみに、数週間前に、水曜日クラスでも同じ内容のディスカッションをしたのですが、
そこでも同じような方向性が挙げられていました♪

もちろん、何が正しい、何が間違っているか、ということは、何もないと思います。

でも、私が個人的にとても大切にしたいこと、それは、
「講師、教師としての仕事」というのは、一方的に時分の考えや
外在する定義や教理を押し付けるのではなく、
伝える相手がもともと持っているものを引き出し、それに気づいてもらい、
そしてその人の資質、素質を開花させる手伝いをする、
そういうことではないか、
ということなのです。
以前からそのように漠然と感じてはいたのですが、
最近、このテーマについて深く話し合いinspireされる機会があり、
自分のなかでとてもクリアになってきました。

皆さんが挙げてくれたような、そんな講師になれたら、
きっと、それが可能になるのではないかと思います。


1ヶ月ほど前に、久司道夫先生の、KIJ講師向けの勉強会があり、
その中でやはり「よき講師とは」というお話があったのですが、
印象に残ったのが、「弟子が自分より優れた者になるように願うことができる」のが
よい講師だ、というのがありました。

また、TAO塾波多野さんの、月刊マクロビオティック連載
「桜沢如一の言葉に学ぶ」(たぶん、10月号?)の中に、
「本物の教師とは、生徒の魂に点火することができる人」という言葉がありました。


私はCertification Programの生徒さんたちが、願わなくても(笑)
私よりもすぐれた講師に育ってくれると信じて疑いません。

そして私自身、ここに挙げられたような講師像に近付けるよう、
深く考え、かつ大いに楽しみながら、
「魂に点火」とまでは無理かもしれませんが(笑)
出会う方々を何らかの形で少しでもinspireし、
皆さんがよりHappyな人生を送るお手伝いができれば、
こんなに嬉しいことはない、と改めて思った、そんな一日でした。
by mitlan | 2011-12-12 15:28 | @classroom & beyond

素敵な朝ごはん

c0067272_1524075.jpg


今日のあさごはんは、鎌倉在住の仕事仲間、Mちゃんのおうちで。
彼女は最近、とても素敵なお家にお引っ越ししたのですが、
「Mちゃんのお家で朝ごはんを食べたい!」と、
もうひとりの友人とリクエストし、本日おしかけました!

パンと、コーヒーと、サラダ・ニーソワーズと、バナナと米粉のパンケーキ という
素敵な朝食を用意してくれて、
素晴らしい空間の中で、うっとりするようなひとときを過ごしました♪

おいとました後は、12月22日のOne Day カフェの打ち合わせで
onari cafe へ!

澄み切った冬の青空の下、鎌倉の街を自転車で走るのは
とても気持ちがいい。

そうそう、夏の台風の塩害でさびついた、愛車ビアンキのチェーンも
やっと交換しましたよ!


ここ数週間、鎌倉でゆっくりすることがほとんど出来なかったのですが、
やっぱり鎌倉っていいな、と思いました。

一緒にお邪魔した友人のIちゃんがくれた、クリスマスプレゼント。
布でいろんなものをつくる人なのですが、かわいい布巾を縫ってくれました。
          ↓
c0067272_15242100.jpg

by mitlan | 2011-12-12 15:23 | fun time

あちこち旅をしながら、働き、考え、遊ぶ日々を綴ります。料理教室(鎌倉 Whole Foods Studio、熊本 Native Foods)、講演のお知らせもこちらに載せています。