クリスマスの音楽

c0067272_01035631.jpg

クリスマスイブの夜は、今年も、Native Foods(熊本市中央区)から徒歩10分の白川教会のクリスマス礼拝とパイプオルガンのコンサートへ。

バッハ、メンデルスゾーン、ブラームスそしてギルマンなど、日本を代表するオルガニストのおふたりによるパイプオルガンの素晴らしい演奏に心が震えるような感動。

特に、メンデルスゾーンのソナタ5番ニ長調の第一楽章の美しいコラールや、弾けるように華やかな第三楽章、初めて聴いたギルマンのオルガンソナタ1番の荘厳なフィナーレ、そしてよく知っているものの実はライブでは初めて聴く「主よ、人の望みと喜びよ」など、全身の細胞が煌めく音のバイブレーションに浸されるような感覚を覚えるほどだった。

演奏者のおふたりの曲解説もとても洞察が深く、「J.S.バッハの約60年ほど後の世代になるメンデルスゾーンはバッハをとても尊敬し、自分自身の演奏会に、当時はまだそれほど有名ではなかったバッハの曲を必ずといっていいほど演奏し、バッハが今日まで広く演奏されるようになっているきっかけを作った」という史実や、ソナタ5番のだいいコラールはバッハへのオマージュだというようなお話なども興味深く聴かせて頂いた。



c0067272_01042111.jpg
実は、その日の午前中はこれも徒歩3分のところにある九州学院のブラウンチャペルという非常に美しい教会の礼拝にも出席したのだけれど、そこではギターの伴奏で賛美歌を歌うという初めての経験を。ルーテル派の教会なのだが(ルーテル派の教会の礼拝は初めて)、マルティン・ルターはリュートを演奏しながら宗教活動を行っていたということで、それに思いを馳せながらギターの伴奏で歌います、という牧師さんのお話だった。また、きよしこの夜 が最初に教会で歌われたときにも(ドイツ vs. オーストリア戦争の最中の厳しい時代)、オルガンが壊れていたのでギターの伴奏だった、という逸話も教えていただいた。

フラメンコギタリストの方が静かに演奏するギターの伴奏で歌うというのは最初不思議な感じがしたのだけれども、オルガンがない民家などでは、たしかに、こうやってリュートを爪弾きながら賛美歌を歌うこともあったのだろう・・・・と想像しながら歌うのは楽しかった。

賛美歌をたくさん歌ったけれど、幼稚園の頃から親しんでいたクリスマスの賛美歌はどれも大好きで、なんと心に響く、忘れられない旋律なのだろうと、歌いながら改めて感じた一日だった。


それにしても、作曲されてから何百年も経っているのに、いま聴いても、何度聴いても新鮮で美しく、心揺さぶられる賛美歌やクラシック音楽は、本当に凄い。飲食物や空気と同じくらい、「音」という振動は心身にとって大切だといつも感じているけれども、何世紀もの時を経ていまだに煌めきを放っているクリスマスのコラールやオルガンの調べを耳にすることができるこの季節は、またそのことを改めて思い出させてくれる。


by mitlan | 2017-12-26 01:16 | music

ONE HEART

c0067272_23545793.jpg


心繋げて ひとつになろう

同じ明日を夢見ているから

諦めないで 歩いて行こう

ひとりぼっちじゃない

ONE HEART

(小川コータ&とまそん ONE HEART)
by mitlan | 2011-12-11 08:46 | music

アイヌの歌姫~MAREUREU

c0067272_363312.jpg


逗子海岸の”ブルームーン”で行われた、
MAREUREU (マレウレウ)のライブに行ってきました!

MAREUREU は、北海道出身の、アイヌの血を引く女性4人組。
アイヌの伝承歌を、見事なハーモニーで歌い上げ、
観客を魅了してくれました。

文字を持たないアイヌ民族は、
言葉も、物語も、歌も、すべて口承で伝えたのだそうです。

何世代もの魂が込められたような歌を
一曲一曲聴くうちに、意識が遠い星空へ飛んでいくようでした。

盛り上がりが最高潮に達したアンコール曲は、
とても楽しい歌なのに、聴いているうちにあとからあとから涙がこぼれました。

MAREUREUのみなさん。
素敵な歌を、ありがとう。
by mitlan | 2011-08-23 03:07 | music

チャリティコンサート

c0067272_1654984.jpg


東日本大震災のためのチャリティイベントが
各地でさかんに行われています。

私も、昨日、はじめて、チャリティコンサートに
行ってきました。

レ・フルール という、
兄弟のピアノデュオ。

以前からよく知っていたアーティストではあるのですが、
ライブで聴くのは初めて!
場所は、母校の大学の、講堂でした。

ルクセンブルグ公国の発案だったというこのコンサート
(レ・フルールのふたりはルクセンブルグの音大で勉強していたそうです)。

本国から駆け付けたルクセンブルグの外務大臣や
大使夫妻も列席し、講堂は超満員!

全国ツアーがはじまったばかり、という忙しいスケジュールの中
今回のチャリティライブを引き受けた、というレ・フルールのふたりは、
予定を30分以上オーバーして、アンコールに応えて熱演してくれました。
演奏は、期待以上の素晴らしさで、超盛り上がりました~♪
ほんとうにいい、演奏会でした。

チケットの売上金は全額、被災地への義援金となるそうです。
募金もたくさん集まったようです。

レ・フルールのふたりは、「音楽は人を元気にする力がある」と言っていました。
自分たちの才能を、こういうことに惜しみなく提供するミュージシャンたちは
本当に素晴らしい。

日本の明日が、今日よりも、もっといい1日になることを、
だんだんと、霧が晴れるように、状況が改善していくことを、
改めて願ってやみません。
by mitlan | 2011-04-21 16:55 | music

c0067272_1304014.jpg


・・・って、なんだろう?

この間、こんな話をしました。

私の場合は、

 ○ 本
 ○ 音楽
 ○ 美味しいご飯

かな。映画とか、旅とか、が次点だけど、
より日常的なものとしてはこの3つだと思う。

もちろん、「美味しいご飯」 は、
家族と、友達と、という要素も入ってます。


・・・・といったようなことを、
深夜に、大好きなチャイコフスキーの交響曲第5番を聴きながら。


・・・で書き終わろうとしたのですが、
この曲を聴きながら思い出したことをひとつ。


この曲は、イタリアの指揮者 カルロ・ゼッキが
某音楽祭で振ったときに、ライブで聴く機会があったのです。

それは、マエストロが亡くなる3年前の年のこと。
その頃はもう、脚が弱り、指揮台に立つことが難しく、
指揮は座って行っていました。

ところが、第4楽章の最後のクライマックスで、
なんと、思わず、椅子から立ち上がって、
ちょとよろよろしながらも、最後の数分間、
立って振ったのです。

そのときは、私も、周りの人たちも、
感動で涙が止まらなかったのを覚えています。


いま聴いているのは、
リカルド・ムーティ/フィラデルフィア管弦楽団。
私は、誰それが指揮しているどこのオケはこうだ、とか
そういう蘊蓄はまったくないのだけれど、
これは、もう1枚手元にある小澤征爾のベルリンフィルのとは
素人の耳にもかな~り違って聴こえます。
わ、音が軽い・・・とか、テンポ速い・・・とか、
ここすごく引っ張ってるなあ、とか。

もっといろいろな盤を聴いてみたいな・・・・。

音楽を楽しむことができて、幸せです。


Thank you for the music.
人生を楽しくしてくれる3つのもののうちの、大切なひとつ。
by mitlan | 2010-02-28 01:47 | music

To France!

c0067272_19191447.jpg



フランスに行きます! 

というのはうそです。

今日も原稿書きの一日だったのですが、
久しぶりに、Irish Omnibus のCDを聴いていました。
一昨年の夏、アイルランドにひとり旅したのですが、
私と同じくアイリッシュ&ケルト音楽好きの弟(猫の飼い主ではないほう)が、
出発前に、アイリッシュ&ケルト音楽をいろいろピックアップして
CDに焼いてくれたのです。

ClannadやEnya、Celtic Woman、Mike Oldfield、
River Danceなどいろいろ入っているのですが、
その中のお気に入りは、やっぱり
Mike Oldfield の ”Moonlight Sahdow”と、”To France"の2曲。
(ほかにもあるけど、曲名がわからない!リストをもらわなかったので・・・・)

アイルランドでは、自転車を借りてよく乗っていたのですが、
ずっとこのCDをipodに入れたのを聴いていて、
風の強いイニシュモア島(アラン諸島)の急な坂道を
(冒頭の写真にあるような道です)
ひたすら自転車で漕ぎ進みながら、
誰もいないのをいいことに大きな声で音楽に合わせて
歌っていた・・・

のですが!!

Mike Oldfield, 歌詞がよくわからん!

ヴォーカルのマギー・ライリーはスコットランド生まれの歌手で、
普通のイギリス英語とはかなり違う発音で歌う。
Moonlight Shadowはところどころわかるものの
(♪ ・・・・・carried away by the moonlight shadow・・・♪)
To France に至っては、ほとんど意味不明!

Never going to get to Fance と言っているのか、
Never going to get friends と言っているのか?
フランスに行けないのか、友達ができないのか、いったいどっちだ!?

で、原稿書きにも疲れたので、閑話休題、
そうだ、歌詞はネットで調べればすぐわかるじゃん・・・・・と思って、
探してみたらありましたよん♪

そっか、こう言ってるのか・・・・

歌詞を観ながら聴いてみると、まあ、そう聞こえるわ・・・
単なる私のヒヤリング能力の不足だったのかもね・・・・008.gif

というわけで、もし読んでくださっている方の中に、
Mike Oldfieldの To France が好きで、でも歌詞がわからなかったのよーという
方が万が一いらっしゃったら、どうぞお読みください♪
ちなみに、ここに出てくるQueen Maryというのは
スコットランドのメアリ女王のことだそうです。

しかしやっぱり、不思議な歌詞・・・・
メアリー女王、あなたは決してフランスにはたどり着かないのですよ、、、って
これは史実なのかしらん?

どなたかスコットランドの歴史に詳しい方、教えてください♪

・・・と書いたところで、これはメアリー・スチュワート女王のことであろう、という
ことが判明。 スコットランドの悲劇の女王です。
でも、5歳でフランスに渡ってるんだよね・・・・・
ただし その後ランスでの居場所を失ってしまうのだけれど・・・・Anyway.


To France (Lyrics by Mike Oldfield)

Taking on water
sailing a restless sea from a memory
a fantasy.
The wind carries into white water

Far from the islands
don't you know you're
Never going to get to France. Mary Queen
of chance will they find you.
Never going to get to France
could a new romance ever bind you.
Walking on foreign grounds like a shadow

Roaming in far off territory over your shoulder stories unfold
Your searching for sanctuary
you know you're
Never going to get to France. Mary Oueen of
chance will they find you. . . .
I see a picture by the lamps flicker

Isn't it strange how dreams fade and shimmer.
Never going to get to France. Mary Queen of
chance will they find you. . . .
I see a picture by the lamps flicker

Never going to get to France. Mary Queen of
chance will they find you. . . .
Never going to get to France. Mary Queen of
chance will they find you. . . .
Never going to get to France. Mary Queen of
chance will they find you. . . .

c0067272_19202083.jpg


☆アイルランドの田舎の道には、羊がたくさんいましたよ☆
by mitlan | 2010-01-06 18:56 | music

一昨日読了した本の冒頭に、
ヤナーチェク作曲のシンフォニエッタという曲が出てきます。

聴いたことがなかったので、さっそく借りてみようとして
鎌倉市立図書館に行ったら・・・・予約が2人も入ってました。


受付のお姉さんが、にっこり笑って
「1Q84ですね。 私も読みましたよ」だって。

ばれたか・・・


でも、世田谷区の図書館で、運よくゲットできました。(ネット予約した)
今日はWFSでクラスだったので、さっそく借りてきました。


なかなか、いい曲です。
これを聴きながら、もう一度最初から読み直してみようかな。
by mitlan | 2009-06-10 00:14 | music

Humberger Concert

年末の大掃除のときに、ひょんなことから久しぶりに手に取った、
Humber ConcertのCD。
1970年代に活躍したオランダのプログレバンド、FOCUSの力作です。

高校生のときにプログレにはまっていたときに、
いちばんショックを受けたのが、このFOCUS.
こーいう音楽がこの世にあったとは・・・・と、なぜかわからないけど、
もうその魅力に激しくとりつかれてしまったのでありました。

その頃、中古LPで、このHumberger Concertを手に入れたんだけど、
それはどこかにいってしまい、CDを探すもなかなか見つからず
(今はオンラインで買えるみたい)、私にとって幻のアルバムだったのですが、
忘れもしない1998年5月、仕事でロンドンに行ったときにCDを見つけたのでした!

その仕事はとにかくものすごい重圧とハードワークを伴うプロジェクトで、
プレゼンテーションのあとに茫然自失状態でピカデリーサーカスを彷徨っていた時に、
ふと入った小さなミュージック・ショップのFOCUSのコーナーに
1枚だけひっそりと残っていたこのCDを見つけたときの喜びといったら・・・・

帰国して、同僚たちに「ロンドン出張どうだった~?」と聞かれるたびに、
「うん、まあまあだったよ、それより聞いてよ~!10年以上探してたCDを
やっと見つけたんだよ!」と大騒ぎしていたものでした・・・・

さてさて、
ひさしぶりに聴くHumber Concertは、今回も新鮮で感動的。
音楽はいつも、それをよく聞いていた頃の情景を思い出させれてくれるけど、
怖いものなしで、新しい世界をものすごいスピードで走っていた高校生の頃を
思い出します。
みんなどうしているだろうな・・・・

(てゆーか、FOCUSの元メンバーの皆様は、今頃どこに・・・・?)

↑ と思ったら!

中心メンバーだったJan Akkermanが、2006年に日本公演(ソロ)を
行っていたということを今知りました。
うわーん・・・・ 知らなかった・・・・・007.gif
by mitlan | 2008-01-04 19:53 | music

Steely Dan

c0067272_20422386.jpg

東京ミッドタウンに出来た新しいライブハウス、
Billboard Live Tokyo のこけらおとし公演は、
Steely Dan
チケットは特別料金でかな~り高かったけど、
ずーっと前から大ファンだったし、
once-in-a-lifetime-experience(大げさ?)だしね!
ということで、思いきって行ってきました。

わー、Donald Fagenだ! 本物だ!!
・・・もう、思いっきり雰囲気に呑まれてしまいました・・・・

ああ、なんてかっこいい音楽なんだ・・・・!

そういえば、
Ricky Lee Jones(懐かしい・・・)も、今度来るらしい。
これも要チェックです。

そして、来月は、Blue Note に
Chick Coreaがやってくる。
16歳のときに、私の音楽観が180度ひっくり返る
キッカケとなったお方♪
チケットはもちろん、確保してあります。
今からもうドキドキ・・・・
by mitlan | 2007-08-20 20:43 | music

カルメン♭

ビゼー作曲のオペラ、「カルメン」。
小学校の音楽の時間に初めて聴いたくらいだから、
もう誰でもおなじみの曲が沢山ある、
すごくポピュラーなオペラだけど、
このたび、はじめてDVDを買ってみた。
c0067272_1984085.jpg

クラシック音楽は昔から好きだったけど、
「この曲なら、○○の指揮がいい」
「XXXX年録音の、△△の演奏が素晴らしい」
というところまでは、踏み込んだことが無かった。
この曲のCDが欲しいな~と思ったら、
目に付いた手頃な値段のものを買う、という程度。

ところがね、
近年、ワタシにクラシック音楽の師匠が出来まして。
この曲のCDを買おうと思うんだけど~ と相談すると、
「○○の指揮で※※オーケストラ、XXXX年録音のこのCDがお奨め!」
と、指南してくださるのです。
そして、最近、師匠が絶賛する指揮者、カルロス・クライバーの演奏というのを
聴いてみたら・・・・これがもう、なんとも素晴らしいではないですか。
私のような素人にも、他とは違う躍動感、あふれる生命力みたいなのが感じられる~!!

というわけで、最近、クライバー指揮のいろいろなCDを
集め始めております。
で、冒頭の「カルメン」も、そのひとつ。これはDVDだけどね。
第一幕への序曲の演奏がはじまるときなんか、
クライバーがオーケストラボックスの指揮台に向かって
歩いてくるだけでものすごい拍手と歓声、
そして拍手が鳴り止まないうちに、さっと両手を振り上げて演奏を開始するの~
かっこいい!!!
聴きなれたはずの超有名曲だけど、ものすごく新鮮に聴こえます。

師匠の話によると、クライバーはものすごく気難しく、滅多に指揮もせず
録音や映像もあまりのこさないというカリスマ指揮者だったとか。
2年ほど前に、亡くなったそうですが。

もちろん指揮者だけでなく、たとえば同じピアノコンチェルトでも
ソリストが違う(その場合もちろん指揮者も違うことが殆ど)と、まるーで違う演奏になる。
当たり前のことかもしれないんだけど、今までここまで意識したことがなかったから、
クラシックファンの人たちが同じ曲のCDを違う演奏者で何枚も持っているのが
かなり解せなかったけど、初めて、その理由が、納得できた!

というわけで、新しいおもちゃを与えられた子供状態な私。
しばらくは、クライバーにはまりそうです。

しっかし、カルメン、どれもいい曲だなあ・・・・
by mitlan | 2007-01-03 13:14 | music

あちこち旅をしながら、働き、考え、遊ぶ日々を綴ります。料理教室(鎌倉 Whole Foods Studio、熊本 Native Foods)、講演のお知らせもこちらに載せています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31