脱穀機

c0067272_16381931.jpg


週末、田んぼの作業が終わって
麦畑の前を通りかかったら、
小麦と大麦の脱穀が
まさに終わったところでした!

「もうちょっと早く来たら見られたのに~」と言われながら、
作業終わったらばかりの脱穀機をパチリ♪

あたりは、なんだか、いい匂いが
立ち込めていましたよ。
by mitlan | 2011-07-06 01:33 | tanbo

c0067272_133441.jpg


今日は、2週間ぶりに田んぼの作業に参加できました。
第一日曜と、第二~第四土曜が作業日なのですが、
週末に仕事が入ることも多いので、毎回は行けないのです。

今日の作業は、水路周りの草刈り。
田んぼに水を引いている水路の周りに草が生い茂り、
それが水路に落ちたりすると水の流れをつまらせてしまうのです。

草は、たくましい!
手ではなかなか引っこ抜けないものも多いです。
根元を大きなはさみでちょん切ったりも。

「雑草って生命力強いね~」などと言いながら作業しているうちに、
ふと、気付きました。

この作業(草刈り)は、田んぼのお米を守るため。

でも、お米だって、草だって、生命には変わりない。
私達は、自分が食べる作物を守るために、他の植物を駆除する。

それは生きていくために仕方ないとしても、
お米や野菜を頂くということは、いや、もちろんお肉だってそうです、
その作物や家畜を育てるために失われた、ほかのたくさんの命も、
一緒に頂いている、ということになるんだなあ、と。


いただきます、の意味は、そのときに食べるものの命を
「いただきます」という感謝のあいさつ。

でも、これからは、その食べ物だけでなく、
その食べ物が食卓に届くまでに関わったすべての命に、
「いただきます」と感謝しよう、と思いました。

農作業をしなければ、こんなことに思いを馳せることも
なかったかもしれません。

こういうことは、ぜひ、学校でも教えてほしい。

効率優先、偏差値優先だけで育って、お受験に奔走して、
そんなふうに幼い人生をスタートさせて、どうして、
「わたしたち人間も自然の一部、自然を大切にしないことは
自分の家や家族を大切にしないことと同じ」 とか、
「食べることは、命をいただき、その命をつないでいくこと」といったような
大切なことを実感、体感できるだろうか?

何日か、田んぼや畑で働くだけで、そういったことは
すっと体に入ってくることなのに。

そういう意味では、地域活動は本当に大切なんだなあ、と
改めて思いました。


さて!

私が植えたもち米の苗ですが、ちゃんと自立して、
大きく育っていました・・・正直、ほっとした!

これから暑い中の作業が大変な季節が続きますが、
いろんなことを教えてもらいながら、気付きながら、
収穫を楽しみに、出来るだけ作業に参加したいと思っています。
by mitlan | 2011-07-03 22:46 | tanbo

補植

最近、朝起きたと思ったらもう夜、
昨日だと思っていたのがもう1週間前、というように、
おそろしいほど早く日が経ってしまいます・・・008.gif

というわけで、すっかりご無沙汰してしまいましたが
また今日からぼちぼち、更新していきますので
よろしくお願いします♪

週末は、田んぼで、「補植」(ほしょく)という作業をしました。

c0067272_171624.jpg


11日・12日に行った田植えの後、
苗が倒れたりしているところがあるので、
田んぼに入って、植え直したり、苗を足したりする作業。

植えてある苗を倒さないように気をつけながら
田んぼの泥の中を移動するのはひと苦労!

「みのる君」(田んぼ用長靴)なしでは、
とてもできない作業です。

もしくは、裸足、ね!


私が少しだけ植えた苗は、
まあまあ、ちゃんと立っていました・・・・

これから毎週、成長ぶりを見るのが楽しみです♪
by mitlan | 2011-06-21 01:09 | tanbo

田植え直前 その2

見事な、水田。
ほんの少しですが、貢献出来た…かな?

c0067272_21465668.jpg


田植えを待つ苗床。

c0067272_21465985.jpg

by mitlan | 2011-06-06 21:43 | tanbo

田植え直前

c0067272_21422466.jpg


週末、久しぶりの田んぼ作業に参加。

ここのところ土日も仕事の事が多く、
しばらく参加できなかったのです。

田んぼ作業、やっぱり楽しい!

11日が田植えなので、最後の仕上げを
やりました。

水面に浮かぶアオミドロをすくって捨て、
畔の草刈り、刈った草を堆肥にすべく積み上げ、
水路をさらって水がスムーズに流れるようにし、
最後に「トンボ」をかけて泥をならす。

いつでも田植えができるような田んぼに
なりました!

こういう作業の日には、その名も「みのる君」という、
泥にはまっても脱げない長靴が、大活躍!↓
c0067272_21431217.jpg


私はこれで自転車にも乗っちゃいます。

あとは土曜が大雨にならないように祈るばかり…
天気予報、イマイチなんですよね(>_<)
by mitlan | 2011-06-06 21:28 | tanbo

今日の田んぼ作業

c0067272_0444283.jpg


今日は、田起こしと、しろかき という
作業を行いました。

田起こしは、土を柔らかくするために、
何度もやる必要があります。
鍬を使って、土を掘り返します。

田起こしが終わると、田んぼに水をはって、
土と水をこね合わせます。
それが、しろかき。

そして田植えの前に、トンボでならし、
6月初旬にいよいよ田植えです!

そうそう、今日は私も、シュレーゲルアオガエルの卵を
見つけることが出来ました♪


隣の畑では、大麦、小麦が青々と育っています。

大麦 ↓

c0067272_0444671.jpg


小麦 ↓

c0067272_0444933.jpg

by mitlan | 2011-05-09 09:36 | tanbo

c0067272_10474713.jpg


久しぶりに、田んぼの作業に参加しました。

ここ2カ月ほど、地震で中止にした振り替えクラスや、
ピンチヒッターなどいろいろあって、
また、「今日は仕事がないから田んぼに行ける」という日に限って
雨が降ったりして(雨の場合は作業はありません)、
田んぼ作業に参加出来ていませんでした。

なので、すごく久しぶり!

私は今回、先輩たちに教えて頂きながら、畔(くろ)つけ という作業を行いました。
畔つけ というのは、あぜの側面に、泥を塗りつける作業です。
なるべく、粘土質の土を「コッテリ」と塗りつけるのがコツ、なのだそうです。

c0067272_10484275.jpg


お天気もよく、シュレーゲルアオガエルやその卵、
一足先に孵化したアカガエルのオタマジャクシを見つけたり、
ドジョウを見つけたりしながらの、楽しい作業。
(といっても自分で見つけたのではなく、カエルだ!ドジョウだ!という声に、
走って見に行っただけですが (^^ゞ)

レンゲの花も、今が満開です。

c0067272_10495623.jpg


やっぱり、田んぼ作業は楽しい!

育苗箱の苗も、5センチほどに、育っていました♪

田植えまで、あと1ヶ月と少し。
次回の作業の日も仕事は休みなので、
張り切って参加します!
by mitlan | 2011-05-01 10:50 | tanbo

カエルの卵

c0067272_7381914.jpg


田んぼの近くの池に産み付けられた
ヤマアカガエルの卵です。

カエルの卵を見たのは
○十年ぶり!(笑)

この日は、お天気がよかったので
近所の子供達も遊びに来ていて、
カエルの卵を触ろうとしたり、
ゲンゴロウを追いかけたり、
自分の子供の頃とあまり変わらない光景が
繰り広げられていました。
by mitlan | 2011-02-28 07:33 | tanbo

田んぼへ

c0067272_2355945.jpg


旅行したり、雪で作業が中止になったり
そんなこんなで、しばらく行けなかった田んぼ。
今日は作業に参加出来ました!

メインの作業は、堆肥作り。
去年の稲刈りのあとに山にして置いた藁と、
落ち葉を集めて作った腐葉土や米糠と混ぜて、
堆肥箱に積み上げて自然発酵させます。


今日は、ヤマアカガエルの卵も、
沢山見つけました。

それから、ゲンゴロウも!

田植えまで、あと100日。
田んぼの中の世界は、どんどん
アクティブになって来ています。
by mitlan | 2011-02-27 11:28 | tanbo

ジュズダマ

c0067272_08587.jpg

田んぼで枯れ草をどける作業をしたとき、
たくさん見つけました。

小さい頃、これで首飾りをつくって、
遊んだなあ…

思わず、ポケットいっぱい
集めてしまいました。
by mitlan | 2011-02-01 00:05 | tanbo

あちこち旅をしながら、働き、考え、遊ぶ日々を綴ります。料理教室(鎌倉 Whole Foods Studio、熊本 Native Foods)、講演のお知らせもこちらに載せています。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30