<   2006年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Otanoshimi


c0067272_9594747.jpg

この日の恵比寿は、お楽しみメニュー。
全粒粉のバタールで作った『ピザ風トースト』。
パトリシオ氏のクリエイティビティ炸裂、のレシピです。
by mitlan | 2006-01-31 10:02 | gohan / oyatsu

winter breakfast その2

c0067272_22395863.jpg


子供のころから、「おじや」が好きだった。
アメリカで、OJIYA という名前で堂々存在しているのには衝撃を受けたが。

寒い朝、まだ外が暗いうちに、吐く息が白くなる台所で、
あつあつの「味噌おじや」を作って食べる。
冬が好きだ、と思える瞬間のひとつ。
by mitlan | 2006-01-29 22:42 | gohan / oyatsu

穀物のふしぎ


c0067272_0403492.jpg


前には、「コク」や、「旨み」は、肉や魚からしか
生まれないと思っていた。
でも、そうじゃない、ということに気づいた。
たとえば、炊いたキビを昆布椎茸だしで煮込んで
水分を飛ばした、この「そぼろ」。
なんともいえない「コク」と、鶏肉より
ずっと深い「旨み」が味わえる。
Amazing whole grains.
穀物は、ほんとうに、ふしぎだ。

ベーシック・プログラムの先週のメニューより。
by mitlan | 2006-01-29 00:41 | gohan / oyatsu

休息とinput

ちょっと疲れたなあ、と思ったので、
私の癒しの場所である荏田の「プランツ」へ。
ナチュラルハーモニーの野菜ランチをいただく。
荏田は10年ほど前に住んでいたところ。
あのころはなーんにもない町だった(という印象だった)。
今はプランツがあり、駅前にF&Fもある。

ナチュラル・ハーモニックスクールの講座の募集を知り
行きたいなあと思ったけれど、日程があう会場は
すでにキャンセル待ち。
最近、本当に勉強が足りないなあ。やばいまずい。
「忙しいから」っていうのは簡単だけど、
ぼーっとネットサーフィンしている時間とかあるわけだから
そういう時間に勉強すればいいんだよね。。。
そして、直接的な刺激(input)を受けることも大事だから、
講座やクラスに行くことも自分のためになると思う。
ううう、ホントに、この講座は行きたかった~(涙)
キャンセル待ち願いのメールを早速出したけど、
どうなることやら。

明るい陽の差し込むレストランでのランチは
いつもながら美味しかった。
ランチのあとは、お買い物。
「オレンジX」がなくなりかけてるので買い、
立派な聖護院大根も購入。(梅酢漬けにする)
あとは玄米もち粉とか。試作に必要だからちょうどいい。
可愛い毛糸の帽子も見つけたけど、余計な買い物はだめ!と
思って見るだけにしておいた。
お天気もよく、いい気分転換になった。

適度な休息と、いいinputが必要。
今日はこのふたつを実感。
by mitlan | 2006-01-27 20:24 | gohan / oyatsu

またまた、包みました

先週の土曜日で、1月のWorkshop(単発クラス)の1クール目が終了。

単発クラスは、お互い初めての方たちも多いので、
やはり最初はちょっとぎこちない空気が流れることもある。
初対面なんだから、仕方ないよね。

でも、調理実習が始まると、だんだん空気がほぐれてくる。
「いいにおい。。。」とか、「美味しそう。。。」とか、
はじめは小声だったのがだんだん大きくなって、
そのうち笑い声があちこちではじけるようになる。

今月のWorkshopでも、またまた餃子が登場!
こねておいた全粒粉の皮を、皆で伸ばして、中身をいれて包む。
その頃になると、和気藹々度合いがますます進む。
....
何かを皆で一緒に作るのは、とても愉しい。
それを一緒に食べるのは、さらに愉しい。
餃子作りのクラスは、何回やっても飽きないし、面白い。
これから単発クラスには、こういう「手作業もの」を毎回入れようかな!?
by mitlan | 2006-01-24 23:10 | @classroom & beyond

Walking addict?

c0067272_0183843.jpg


最近、ウォーキングにはまっている。
徒歩で行ける砧公園で歩くようになってから、
早朝、午後の日差しの下、夕刻と時間帯はまちまちだけど、
仕事の合間を縫って、ほぼ毎日4,5キロ歩いている。
だいたい時速6~7キロの、早歩き。

もちろん寒い。 早朝なんかは、顔に当たる風が痛いくらい。
でも、2キロも歩くと手袋はいらなくなるし、帽子も暑くなる。
どんなに寒くても、最後には汗びっしょりになる。

以前も歩いていたことがあった。
でも、やせるためとか、筋肉をつけるためとか、そういう目的だった。
だから、義務的に歩いていて、別に楽しくもなかった。

今はちょっと違う。
大地をふみしめながらどんどん歩いていくうちに、
体のここそこで滞っていた血液や、『気』が、再び流れ出し、
手足の先まで温かいエネルギーが満ちていくのがわかる。
ネガティブな気持ちが蒸発していって、気力がわいてくる。
いい食べ方をすること、と、身体をよく動かすこと が
うまく調和したときのすがすがしさは、感動的だ。

それにしても、歩くのがあまりにも気持ちがよくて、
ちょっと疲れていても、忙しくて無理かなと思っても、
もう歩かずにはいられない。
ここのところずっと雨が降っていないから歩けているけど、
お天気が悪い季節はいったいどうしよう?
ジムのトレッドミルなんかじゃ、もうとても歩く気はしないし。。。。
。。。。などと、今考えても仕方がないことまで悩んでしまう、
walking addictな日々、です。
by mitlan | 2006-01-13 00:47 | daily life

蒟蒻芋

c0067272_23263299.jpg


これが、あの、つるつる・プリプリの『こんにゃく』になるなんて、
想像するのがすごく難しい....
by mitlan | 2006-01-09 23:27 | daily life

銀世界

c0067272_22541825.jpg


残念ながら私が撮った写真ではなく。。。。
自然をこよなく愛する従姉がスノーシューをはいて降り立った、
蓼科高原の山の中の銀世界。
カモシカにも逢えたそうです。

「しーんとした音」 が聞こえてきませんか。
by mitlan | 2006-01-07 22:58 | misc.

New Year


Ring out the old, ring in the new,
Ring, happy bells, across the snow:
The year is going, let him go;
Ring out the false, ring in the true.
    (by Lord Alfred Tennyson)


すべての経験を「意味あること」だと考えて、
失敗を怖れず、後悔せず、毎日新しい気持ちで、
次の一歩を踏み出して行けるといいと思う。

いつも支えて下さる皆様、
昨年出遭えたすべての方たち、
本当にありがとうございました。

今年も、たくさんの楽しいことに、
お付き合い頂ければ幸いです。
by mitlan | 2006-01-01 11:57 | misc.

あちこち旅をしながら、働き、考え、遊ぶ日々を綴ります。料理教室(鎌倉 Whole Foods Studio、熊本 Native Foods)、講演のお知らせもこちらに載せています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31