Olive

KMAの滝田先生宅のお庭から来たという
オリーブの小枝を、水耕栽培中。
根っこが出たら、土に植え替えて。
東京でも、丈高く育つらしい。

実がなって、オリーブオイルが採れるかな。。。。(夢)

c0067272_19153316.jpg

by mitlan | 2006-03-31 19:16 | daily life

顔で笑って心で泣いて、というのは、
まさにこういうことを言うのだ! と思いました。
といっても、この「泣いて」は、嬉し涙。

昨日は、Basic Program 第二期の修了パーティー。
美味しいお料理と皆の笑顔と楽しいおしゃべりが満載の、
本当に楽しい数時間だった。

そして、皆さんから頂いた、もったいないような嬉しいお言葉の数々。
お伝えしたくて、一所懸命やってきたことが、
なんとか皆さんに伝わったようだ。
この仕事をやっていてよかった、と、改めて思った。

すべてプロジェクトチームでやっていた、会社での仕事を離れ、
たったひとりではじめた教室。
孤軍奮闘の、孤独な仕事だろうと覚悟していたけど、
それは違っていたみたいだ。
こんなに多くの皆さんに支えられて、一緒に成長することができて、
これは決して、「ひとりきりの仕事」ではない、と思う。


そんなことをいろいろ考えながら、
とにかく楽しくてケラケラ笑いながら、
実は嬉しくて.....ちょっと、泣きそうだった。
by mitlan | 2006-03-21 01:07 | @classroom & beyond

c0067272_17403750.jpg

ほぼ1年ぶりの体重測定で、5.9キロ→5.5キロに減量。
すごくよく食べるのに。
年とったからかなあ。。。。
獣医さんには、1ヶ月ごとに体重ウォッチするように言われた。
このまま安定してくれると、いいな。
by mitlan | 2006-03-20 17:44 | cat

本豆餅


c0067272_15261887.jpg

こんなに柔らかい玄米餅、
こんなに上品な甘さのあんこは、初めて。
おそらくマクロビオティックではじめての、本格的な豆大福。
善右衛門さんの、「京まくろび 本豆餅」を、
皆さんより一足お先に頂きました。
by mitlan | 2006-03-20 15:27 | gohan / oyatsu

Basic Program III スタート!

今日から、ベーシック・プログラム三期がスタート。
新しい教室で、新しいメンバーで、今日から半年間。

1回目は「マクロビオティックのABC」と、
恒例「ごま塩実習」なんだけど、
今日は午前・午後クラスとも時間をオーバーランしてしまった。

なぜなら、話したいことが、すごくたくさんあったから!

テキスト自体は、半年前の二期のものと殆ど
変わっていないのに、話したいことが、すごく増えている。
かなり時間オーバーして、それでもまだ話し足りない。
ということは、この半年間ですごく沢山のインプットがあったということ。
思ったよりも、たくさんの、引き出しが出来ていたということ。
とってもありがたいことに。

二期の生徒さん、単発クラスに来てくださる皆さん、
恵比寿の講師先生方、アシスタントの皆さん、受講生の皆さん、
そして今は親しくお友達づきあいをさせてもらっている、
一期の生徒さんたちや、仕事つながり以外のMacro friends,
こうした方々との日々のやりとりの中から、
こんなにも沢山のインプットを頂いていたのだ、と
改めてびっくり。
本当に、毎日、あらゆることから、いろんなことを学んでいる。
第三期の皆さんからも、計り知れないくらい多くのインプットを
いただき、たくさん学ばせていただくことになるだろう。
きっと半年後、さらに私の引き出しは増えていることだろう。
(でも、ただじゃあ、増えません。。。。曇りのない目と
よく聞こえる耳を持たなくては! 自戒自戒)


第三期の皆さん、
ふつつかな不良講師ですが、9月まで、
どうぞ、よろしくお願い致します!
by mitlan | 2006-03-15 02:17 | @classroom & beyond

必要なときに。

このあいだも何人かの人と話していたんだけれど、
「必要なときには、与えられる」ということが、
最近本当によく起こる。

新しい教室スペースのこと、
頼もしい新スタッフのこと、
新しく始まるコースのこと、
そして、今進行中の、ちょっとした楽しい「企画」のこと。

どれも、前から、やりたい/ほしいと思っていたけど、
同時に、「まだ時期じゃない」とも思っていた。

今年になって、いろいろなことが、
すーっとゆるやかに動いて、
まるでパズルのピースがゆっくりと集まって、
心地よい音とともに「ぴたっ」とはまるように、
「いまがその時期」とばかり、
必要なもの、が、次々と目の前に現れてくれた。

無理しなくて良かったし、
あせらなくて良かった、と思う。
食べ物と、呼吸と、身体にいい気を流すことに気をつけていれば、
動くとき、待つべきとき、のタイミングも、わかってくる。

聖書の言葉にもあるけれど、
すべてのものに、ふさわしい「とき」があるのだ。
望んだものが手に入らないとき、つい悲しくなったり
恨めしく思ってしまうことが多いけど、
「今はそのときじゃないんだ」 と、
思うようにしよう。

食事を変えると、自然と、こういうことが
すんなりと気持ちにはまってくるから、本当に面白い。
by mitlan | 2006-03-07 22:46 | overall

あちこち旅をしながら、働き、考え、遊ぶ日々を綴ります。料理教室(鎌倉 Whole Foods Studio、熊本 Native Foods)、講演のお知らせもこちらに載せています。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31