雑穀が食べたい

けろさんに「いいですよ~」と教えてもらって、
雑誌 うかたま (雑穀特集)を買ってみた。

わあ・・・・・・
雑穀を使った郷土料理や、クリエイティブな料理例がたくさん。

雑穀は本当に素晴らしい。
マクロビオティックを始めてから、その素晴らしさを
特につくづく実感したのが、「味噌」と、「雑穀」だった。
そのバラエティ、心身に対する作用、そしてもちろん、美味しさ。
お味噌は、味噌汁のためだけじゃない。
雑穀は、ご飯に炊き込むだけじゃもったいない。
このふたつの食材の活用法をいろいろ考えるのは
本当に楽しいし、おいしいし、試作が続いても元気でいられる。
(スィーツや豆料理ばかりの試作が続くとちょっとツライのです)

そういえば、最近雑穀の新メニューを開発していないなあ。
2月には、また、雑穀料理の単発クラスをやりたいかも。
1月は、味噌マニアの追加クラスかな・・・・?

明日はひさしぶりに、アワかキビで何か作って食べようっと!
by mitlan | 2006-12-15 01:13 | @classroom & beyond

国境を越えて・・・・

先日、某大使館へ。
大使夫人への、マクロビオティックの個人レッスン。

その大使館の前は何度も通ったことがあるんだけど、
まさか自分がその中に招き入れられる日が来るとは
思わなかった・・・・・!

道夫先生の本をほとんど読んでいるという夫人と、
なごやかな中にも鋭い質問が飛び交う5時間を過ごした。
来年の夏、大使の任期が切れて帰国したら、
マクロビオティックのセンターを設立したい!という
強い希望を持っているという彼女。
食と自分の体と心、そして自然との調和を見直したいという気持ちは、
国境を越えて、ひろがってゆく。

c0067272_051269.jpg
    300人のバンケットの準備をすることもあるというキッチン。
by mitlan | 2006-12-15 00:06 | @classroom & beyond

17日日曜日のcoboカフェ、実は
30食限定のランチセットがあるらしい・・・・です!
要予約とか。 これはチェックですね~

下記は、ウエダ家さんからのメッセージです♪

  「COBO CAFE volume.01」当日にはランチセットが限定30食出るのですが、
  その内容のお知らせです。
  ランチセットは別売りでパンやスープを食べるよりお値段的にお得なのと、
  オリジナルCOBOソースの美味しい豆サラダが付いてきます。
  当日はゴボウのスープに乳COBO88をクリームのようにシュワっとかけて
  生きた酵母のスープを楽しんでいただけます。
  今日あたりサラダとスープは掲示板「ENGAWA」でアップされる予定です。


興味のある方、さっそくENGAWAをチェック!
by mitlan | 2006-12-12 08:52 | cobo

よく働き、よく・・・・

c0067272_19251817.jpg


WFSと恵比寿のダブル(昼&夜2クラス)をやったり、
Certification Programのクラスのあとに小淵沢に移動したり、
小淵沢で朝8時半から働いたり・・・などなど、
私は結構、よく働いてた、かもしれない、この秋。
でも、もちろん仕事ばかりではありません。
ちゃんと、充電もしています。

最近のrefreshing timeは、ここBlue Noteで。
小淵沢から帰って急いでたどりついた最終ステージ。
高校生の頃私のアイドルだった Lee Ritenourと
Dave Grusin がふたりでやって来るという、超豪華版。
昔の大ヒット曲(Daveの) Mountain Danceも
演奏してくれて、うっとり・・・・・。
日本公演の最終日とあって、夜中近くまでノリノリだった
Lee&Daveなのであった。

整理券番号がかなり遅かったにも関わらず、
なかなかいい席がとれて、しかも休憩中のアーティストが
私たちの席のすぐ近くに座っていて、なんかドキドキ
してしまった・・・・・

家に帰りついたのはかなり遅かったけど、
すごくいい気分転換になった。
こういう時間、大切だなあ。
by mitlan | 2006-12-11 19:44 | fun time

すごかった…

c0067272_1844061.jpg

レベル2、今日の最後の調理実習は、
自分たちでメニューを決める自由制作だった。
プロ並の出来ばえにもうびっくり!
ルチ先生はもう、子供のように大喜びだった!
by mitlan | 2006-12-07 18:04 | KIJ/KMA

今日の朝日新聞に

今日(12/6)の朝日新聞。
別刷りの be という紙面に、「キーワードで読む2006年この1冊」という
ページがありまして、そこに4番目のキーワードとして
「マクロビオティック」が取り上げられています。

嬉しいことに、そこに挙げられている二冊の本のうち一冊が、
私&善右衛門さん&ウエダ家さんチームで作った、
New Basic Macrobiotic の本!

朝日新聞をとっていらっしゃる方、ページをめくって
見つけていただけたら、嬉しいです!
by mitlan | 2006-12-06 14:30 | New Book

Beans増殖中

c0067272_14264152.jpg


国産ではなかなか入手できない「花豆」をはじめ、
ここ小淵沢にはいろんな豆が豊富に出来る。
ああ、また、豆在庫を増やしてしまった・・・
by mitlan | 2006-12-06 14:27 | daily life

c0067272_1426047.jpg


プディング というと、日本ではカスタードプディングが
まず頭に思い浮かぶが、
甘くて柔らかいデザート全般(ときには甘くなくて、デザート
ではなく付け合せで使われる場合もあるけど)を、
英語ではpuddingと呼ぶ。
そして、これはそのひとつ、「そばの実プディング」

身体を温める陽性の穀物、そばの実とドライフルーツを煮た、
甘くて温かくておいしい、冬のデザート。

Water Energy (冬のエネルギー)の授業から。
by mitlan | 2006-12-06 14:26 | overall

小さくてもブロッコリ。

c0067272_17125664.jpg


かわいいでしょう。

そういえば、ブロッコリーもMetalなんだった・・・
by mitlan | 2006-12-03 17:13 | gohan / oyatsu

メタルなおにぎり

c0067272_177487.jpg


小淵沢KIJに、リーダーシップ・プログラム(Level2)の
通訳の仕事で来ています。

今日の調理実習は、Metal Energy の料理。
Level2になると、調理実習といっても、半分レクチャーのようになる。
基本的な調理方法は既に理解しているという前提で、
より、食材や調理方法の【エネルギー】の話にフォーカスした内容になるので。

さて、今日のメニューの穀物料理は、「おにぎり」!
いつも恵比寿では、おにぎりについてはコメントだけなんだけど、
今日は講師のパトリシオが実際におにぎりを作って見せてくれた。

どんなレシピでもそうだけど、作り方ひとつで
出来上がりのお料理は陽性寄りにも、陰性寄りにもなる。
もちろん、おにぎりも、そう。
そして今日のテーマはMetalなので、
思い切りMetalのエネルギーの詰まった、陽性なおにぎりを、
パト氏が見本として、握ってくれたわけ・・・・・・。

固めに炊いたご飯。
写真では丸く見えるけど、きれいな三角(ピラミッド型なので
真ん中にパワーが集まる=Metal なのだ!)のおにぎり。
まんまん中に、大粒の梅干を丸ごと豪快に入れて。
凝縮のエネルギーをこめ、空気を追い出すように、
でもごはんの粒を押しつぶさないように気をつけならが、
ぎゅっ、ぎゅっと握る。
そして、ごはんが見えないように、海苔でびっしりと包む。

彼が握ってくれたのはひとつだけだったんだけど、
運良く、その1個を頂いて食べることになった。

うーん、ハラにずっしり、こたえたぜ!
とことん、メタルな、おにぎり。
これなら、ものすごく日持ちがしそう。
もちろん他のおかずもおいしくて沢山食べたんだけど、
このおにぎりのおかげで、5時過ぎの今も、おなかがいっぱいです。
今日は夕食後も仕事だから、食べ過ぎないようにしなくては・・・・。
by mitlan | 2006-12-03 17:10 | overall

あちこち旅をしながら、働き、考え、遊ぶ日々を綴ります。料理教室(鎌倉 Whole Foods Studio、熊本 Native Foods)、講演のお知らせもこちらに載せています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31