Hail storm ~ 雹嵐

いやー、すごかった!
直径5ミリくらいの氷の粒が、弾丸のように
大量に地面に叩きつけられていて・・・・・
こんなに激しい雹を目の当たりにしたのは
生まれて初めてだった!
しかも雹が降る直前、嘘のように気温が急激に低下したのが
なんとも不気味であった。

皆さんのお住まいの地域では、いかがでしたか・・・??

それにしても、用賀で雹の嵐が最も激しかったのが
午後5時50分前後。
約1時間の差で、夜クラスの生徒さんたちは
被害をまぬがれたことになる。

しかし、畑や果樹園への影響は・・・・
大丈夫だったのかなあ・・・・・
by mitlan | 2007-05-31 23:26 | daily life

ちょっとした、楽しみ。

夕方のクラスの仕込みに行く。
玄米を洗い、昆布椎茸だしをとり、乾物をセットし・・・
普段は黙々とひとりで作業するのだが、
ときどき、あとのふたりの講師が、試作のために
教室に来ていたりする。
この間も、幸子さんがクッキーの試作をしていた。
頻繁に顔を合わせるチャンスがないので、
そういうときは近況報告や情報交換のできる貴重な時間。
そして何より、たわいないおしゃべりをしながら、
仕込みの作業をするのは、とても楽しい。

ときどき、彼女たちのクラスが終わった後に、
メモが残っていたり、ケータイにメッセージが入る。
「冷蔵庫にケーキが入ってますよ♪」
昨夜も、スィーツクラスのあとに、さやかさんが
スィーツを二種類、冷蔵庫に置いていってくれた。
試作品が入っていることもある。

忙しい日々に、ほんわかとなごんだ時間をもたらしてくれる、
こういうちょっとしたことが、いまはとても嬉しい。
by mitlan | 2007-05-31 08:31 | @classroom & beyond

同じ玄米でも。

c0067272_7493969.jpg


圧力鍋でもっちり炊き上げた玄米ごはん。
土鍋であっさりふんわり炊いた玄米ごはん。

同じ玄米でも、味、食感、そして何より、食べたときの
身体への感じ方が違う。
同時に食べ比べてみることで、その違いがいっそう、よくわかる。

テキストだけで、△や▽を論じるのではなく、
こうやって実際につくり、食べ、体感していくことが
とても大切だと、ずっと考えてきた。

ベーシック・プログラムの2回目のクラス。
これで五回目になる、恒例の、「玄米ごはん食べ比べ」が、
今日から始まる。
by mitlan | 2007-05-29 07:57 | @classroom & beyond

ゆでてない、あらめ

c0067272_8412652.jpg


マクロビオティックに出会うまで、
見たことも聞いたこともなかった、あらめ
くせがなく、甘みがたっぷりで、大好きな海草。

普通、「あらめ」といえば、「刻みあらめ」である。
わかめよりは分厚く、昆布よりは薄いその原型を、
ゆでて、刻んで、乾燥させて袋詰めにして、売られている。
いちど加熱されているので、さっと洗うだけで使えるのだ。

たまーに、原型のままのあらめに出会うことがある。
私が、国産無農薬天日干しの乾し椎茸(形は不ぞろいだけど
安全でリーズナブル!)を購入しているネットショップで、
刻んでいないあらめが手に入るのだ
(原型のまま、ゆでて、乾燥させたもの)。
大きめにざくざく切って使うと、
刻みあらめとはまた違った味わいである。

この間、乾し椎茸を注文するついでに、
久しぶりにその原型のままのあらめをオーダーした。
そしたらお店から電話がかかってきて、
「いま、ゆでていない商品しかないんですが、
それでもいいですか?」という。
使ったことがないので、調理方法を聞いてみた。
洗って、さっと熱湯にくぐらせ、刻んでたたくと、
納豆のような粘りが出るので、好みの薬味を入れて
醤油などで味つけして、納豆のように食べるのだという。
ちょっとびっくり。
普通の、ゆでてあるあらめからは、粘りなんて
ぜんぜん出ないのに・・・・・

届いたあらめは、ゆでてあるものよりも
緑がかった黒で、透明感すら感じる。
教わったとおりに洗って、熱湯をかけて、
細く切って、思い立って大根の葉と一緒に炒めてみた。
あららびっくり!
炒めているそばから、どんどん粘りが出てくる。
一切れとって食べてみたら、あら甘い!
普通のゆでたあらめよりも、甘みが強い。

普通のあらめの煮物(たまねぎや人参と煮る)には
向かないかもしれないけど、
これはこれで、いろいろと面白い使い方が出来そうだ・・・
by mitlan | 2007-05-25 08:41 | gohan / oyatsu

大使館のお仕事

c0067272_10594323.jpg
c0067272_110473.jpg


昨年冬から月1回くらいのペースで通っていた、
某大使館での、プライベートレッスン。
私の担当は昨日で終了。
そして、大使ご夫妻は、7月に任期が終わって帰国される。

英語でマクロビオティックのレッスンをするのは
初めてで(しかも大使館で!)最初は緊張したけど、
大使夫人のものすごく聡明で、かつ思いやり深い
キャラクターのおかげで、リラックスして仕事が出来た。。
食材のことなどいろいろ説明しながら
(彼女は何でもあっという間に覚えてしまい、忘れない)
並んで一緒にゴボウの斜め千切りをしたり、
交替しながらたまねぎを炒めたり、
プレスサラダ用にいろんなサイズのお皿を取り替えながら
ぴったりの重しになるようなものを一緒に探したり、
(漬物容器がないので・・・)
作り終わったあとに、いろんな話をしながら
一緒に食事をするのは、とても楽しかった。

昨日は、私の最終日だったので、
出来上がったばかりの新刊をプレゼントした。
すごく喜んでくれて、嬉しかった。
レッスンの合間や、終わった後にも、
何度も手にとって、1ページ1ページ丹念に見てくれた。
日本語は読めないのだが、
写真を見て「これぞ」と思うものを秘書に翻訳してもらって
作ってみるわ!ということだった。

大使夫人の今後の目標は、マクロビオティックのセンターを
祖国につくり、クッキングやセオリーを広めること。
食と健康とのつながりに、ようやく気づき始めた人が出てきたが、
まだ大多数の国民はunhealthyな食生活をしており、
いろいろな病気の蔓延に悩まされているという。
3月にお国(中近東にある)に一時帰国したときに、
なんとマクロビオティックの食材を売るショップが2軒出来ていて、
大感激した、と興奮気味に話してくれた。
また、本屋さんで、「Mr.Kushiの本の海賊版(!)がたくさん
売ってたのよ~!」 と、これも驚きながらも感動したらしい。
いままで、お国では見られなかった現象だとか。
帰国してからマクロビオティックを広めよう!という
彼女の強い意志と、この時期の帰国というタイミングに
ぴったりあった、流れができているんだな、と思った。
彼女のこれからの活動を、心から応援したいと思う。

彼女の国は、まだ一度も訪れたことはない憧れの地。
かの地での再会を固く約束して、「つかの間の別れ」を
惜しんだのであった。

そうそう、昨日は初めて、ダンナさまである大使も
ちょっと顔を出された。
「君たちが作ったランチ食べたよ!
美味しかったよ、1分で食べ終わっちゃった」と言うので、
「えー1分? ちゃんと噛みました?」と聞いたら、
「噛まないよ~ 美味しかったから1分で飲み込んだ」だって!!
by mitlan | 2007-05-24 11:00 | KIJ/KMA

ますみえりこさんの個展

新刊本 LOVE Rice, Beans and Veges! で、
スタイリングを担当してくださった ますみえりこさん。
彼女の本職は、「からむし」という草を育て、
その草から糸を紡いで布を織り、アクセサリーを制作する
アーティスト。

その、ますみさんの個展が、もうすぐ、
青山のスパイラル・ホールで、始まります。

ますみさんの布やアクセサリーは、
いままで出会ったことのない、それでいてどこか懐かしい、
不思議な透明感と温かさをあわせ持った、
独特の雰囲気を持っています。

個展は、6月1日から15日まで。
ぜひ、ますみさんの素敵な世界を、のぞきに行ってみてください。
by mitlan | 2007-05-22 07:25 | friends

LOVE Rice, Beans and Veges!

新刊の
LOVE Rice, Beans and Veges! ~ 玄米、豆、野菜、海草を食べる
が、ついに完成!
書店に並ぶのは今月23日過ぎだけれど、
一足先に、ブラウンズフィールドで皆様にご披露することができました。
(早速購入ししてくださった皆様、とっても嬉しかったです・・・・・
ありがとうございました!)

クラスでご紹介して好評だったレシピ、
自分でも大好きでよくつくる、我が家の定番レシピ、
coboを活用した新作レシピ、などなど・・・
ひとりでも多くの方に、玄米・豆・野菜・海草のおいしさを知っていただきたくて、
どれも改めて試作を繰り返して、改良したものばかりです。
WFSの渡邉&前田両講師のレシピも登場しています。

自分で言うのもなんですが・・・・・
本当に、かなり、素敵な、しかもお役に立てるであろう本に
仕上がっています。
ウエダ家さんの世にも美しい写真の数々、
そして、ますみえりこさんの温かいスタイリングが、光っています。
この本の制作に関わってくださったすべての方に、
限りない感謝の気持ちでいっぱいです。

ご縁があって、お手にとっていただけたら、
こんなに嬉しいことはありません。
by mitlan | 2007-05-21 01:20 | New Book

c0067272_23183213.jpg



c0067272_144715.jpg



昨日の、ブラウンズフィールドの"Micro X Macro Festival"は、
心配していたお天気にも恵まれ、大成功!
乳cobo88のヒミツに迫るウエダ家さんのワークショップ、
中島デコさんの「子供と一緒に作る簡単おやつ」(絶品!)のクラス、
失敗しないcoboの仕込み方の講座、
そして、ブラウンズフィールドのアースオーブンで
乳coboパンを焼いて、焼きたてを頬張るという超贅沢な企画、
おいしいcoboランチとMacroランチ・・・・
爽やかな風のふきわたるブラウンズフィールドで、
参加者の皆さんは思い思いに楽しい時を過ごしてくださったようだ。
私の「玄米甘酒を土鍋ひとつで作る!」講座にも、
多くの方が参加してくださった。

ウエダ家さん、デコさんとの念願かなってのコラボ、
そして、新しい出会いや懐かしい方との再会もあって、
本当に楽しい時間を過ごすことができました。

デコさん、ウエダ家さん、そして遠くから参加してくださった皆様、
本当にありがとうございました。
なんだか、主催者側にいながら、思い切り楽しんでしまいました・・・

ほんとうに、いい一日だったなあ・・・・

ウエダ家さんの、 cobo-net ENGAWA にも、
素敵な写真と共にイベントの様子が紹介されていますので、
ぜひご覧ください♪
by mitlan | 2007-05-21 01:07 | fun time

小淵沢から帰ってきて、あれやこれやと
バタバタしているうちに、もう5月も1/3が終わろうとしてる・・・・

そうだ、いろいろ皆さんにお知らせしたいことがあったのでした!
まずは、5月19日の楽しいイベントのお知らせから♪
中島デコさん&エバレット・ブラウンさんのBrown's Field と、
cobo-netのウエダ家さん、Whole Foods Studioの
三者のジョイントによる楽しいイベントです。

その名も・・・・

Micro × Macro Festival @ Brown’s Field !

以下、ブラウンズフィールドのHPから転載いたします。

自家製酵母を育て、お料理に使う、パンを発酵させる。
ウエダ家独自の手法による酵母(cobo)作りが話題を呼び、
cobo生活を楽しむ人が増えてきました。
一方、マクロビオティックを楽しむ人たちも、
自然のうまみ、あまみ、ふくらみ を提供してくれるcoboに注目しています。
そしてcoboファンの中にも、酵母を使った玄米ごはんや、
マクロビオティックなお料理に関心を持つ人が急増中です。

Micro × Macro Festival @ Brown’s Fieldは、
Micro(酵母)と、Macro(マクロビオティック)が交流して、
みんなで「おいしい、たのしい、安全な」食をもっと楽しもう、というイベントです。
ウエダ家による乳coboパンのワークショップや、
中島デコ、Whole Foods Studioによるマクロビオティック講座のほか、
二種類のスペシャルランチもご用意しています。
スィーツや手作りエコグッズを販売するブースも出店する予定です。 
Coboファン、マクロビオティックファンの方、
coboって何?マクロビオティックって何?という方、皆さん大歓迎!
5月19日はぜひぜひ、ブラウンズフィールドにお越しください!
イベント詳細は以下をご参照ください。

********************************
【開催場所】ブラウンズフィールド
      
http://blog.goo.ne.jp/rice_terrace_cafe/c/601cbdcbdb0413f610a243b89007ffdb
      最寄り駅:JR外房線、長者町駅(10:30に長者町でピックアップ可能)

【開催日時】2007年5月19日土曜日(雨天決行)
      (お詫び:都合により、5月20日ではなく、5月19日に変更しました。)

【募集人数】60名

【入場料】大人(中学生以上)4,000円、小学生 2,000円、
     幼児 ランチつき1,000円(ランチなし無料)
     ※マクロビオティックまたは酵母のランチ、4つのイベント講座代金が含まれています。

【ランチについて】
 ライステラスカフェで、マクロビオティックランチ(玄米ごはん、おかず、スープ)、
 または酵母ランチ(乳coboパン、スープ、サラダ)をお出しいたします。
 予約の際に、どちらが御希望か緒お知らせください。
 受付の際に半券をお渡ししますので、カフェでランチとお引き換えください。
 ランチタイムというのは特に設けておりませんので、いつ取りにいらしてもかまいません。

 このほかに、coboを使ったスープやパン、お菓子、マクロビオティックなスィーツ、
 手作りエコグッズを販売するブースが出る予定ですので、各自お楽しみください!
 また、限定酵母ランチ以外にも、ライステラスでどなたでもお茶やスィーツをお楽しみいただけます。

【イベント講座内容】
 ●参加された方は、下記のすべての講座に参加できます。
 ・ 乳coboパンのワークショップ(ウエダ家)
   ◎ 乳coboのひみつ、乳coboパンを仕込む、焼く 実演
   ◎ 試食
 ・ cobo BASIC(ウエダ家)
   ◎自家製酵母とは?失敗しない自家製酵母の起こし方のコツ
   ◎ いろんなcoboのテイスティング
 ・ マクロビオティック講座その1(中島デコ)
   ◎ テーマ:「Kidsとつくるマクロのおやつ」
 ・ マクロビオティック講座その2(Whole Foods Studio)
   ◎ テーマ:「甘酒を手作りしよう!」

【お申し込み方法】
 以下のメールアドレスにてお申し込みの上、ご参加ください!
 その際、下記を必ずお書き添えくださいますようお願い致します。
  ・ お名前とご連絡先
  ・ 参加人数(大人、小学生、幼児の別を必ず明記してください)
  ・ マクロビオティックランチと酵母ランチどちらが御希望か
    (注: 数に限りがありますので御希望に添えない場合もあります)
  ・ 交通手段(電車でいらっしゃる方は、10:30に長者町駅に来てくださる方に限り、送迎あり)

 ブラウンズフィールド
 brownsfield@hotmail.co.jp
********************************

なお、出店したい方も大募集します。
オリジナリティあふれる出店大歓迎です。

【出店方法】
マクロやcoboのお菓子やお料理、手作りエコグッズその他関連グッズを販売したい方は、
その旨お申し出ください。
ただし、備品などはご自身でご用意ください。また、出店場所は屋外となります。
雨天もイベントを尚、(自己申告制で)売り上げの一割を、手数料として申し受けますのでご了承ください。

      お申し込みの際は以下までお願い致します。
       ブラウンズフィールド
       brownsfield@hotmail.co.jp

********************************
by mitlan | 2007-05-08 23:21 | cobo

あちこち旅をしながら、働き、考え、遊ぶ日々を綴ります。料理教室(鎌倉 Whole Foods Studio、熊本 Native Foods)、講演のお知らせもこちらに載せています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31