クリスマスの音楽

c0067272_01035631.jpg

クリスマスイブの夜は、今年も、Native Foods(熊本市中央区)から徒歩10分の白川教会のクリスマス礼拝とパイプオルガンのコンサートへ。

バッハ、メンデルスゾーン、ブラームスそしてギルマンなど、日本を代表するオルガニストのおふたりによるパイプオルガンの素晴らしい演奏に心が震えるような感動。

特に、メンデルスゾーンのソナタ5番ニ長調の第一楽章の美しいコラールや、弾けるように華やかな第三楽章、初めて聴いたギルマンのオルガンソナタ1番の荘厳なフィナーレ、そしてよく知っているものの実はライブでは初めて聴く「主よ、人の望みと喜びよ」など、全身の細胞が煌めく音のバイブレーションに浸されるような感覚を覚えるほどだった。

演奏者のおふたりの曲解説もとても洞察が深く、「J.S.バッハの約60年ほど後の世代になるメンデルスゾーンはバッハをとても尊敬し、自分自身の演奏会に、当時はまだそれほど有名ではなかったバッハの曲を必ずといっていいほど演奏し、バッハが今日まで広く演奏されるようになっているきっかけを作った」という史実や、ソナタ5番のだいいコラールはバッハへのオマージュだというようなお話なども興味深く聴かせて頂いた。



c0067272_01042111.jpg
実は、その日の午前中はこれも徒歩3分のところにある九州学院のブラウンチャペルという非常に美しい教会の礼拝にも出席したのだけれど、そこではギターの伴奏で賛美歌を歌うという初めての経験を。ルーテル派の教会なのだが(ルーテル派の教会の礼拝は初めて)、マルティン・ルターはリュートを演奏しながら宗教活動を行っていたということで、それに思いを馳せながらギターの伴奏で歌います、という牧師さんのお話だった。また、きよしこの夜 が最初に教会で歌われたときにも(ドイツ vs. オーストリア戦争の最中の厳しい時代)、オルガンが壊れていたのでギターの伴奏だった、という逸話も教えていただいた。

フラメンコギタリストの方が静かに演奏するギターの伴奏で歌うというのは最初不思議な感じがしたのだけれども、オルガンがない民家などでは、たしかに、こうやってリュートを爪弾きながら賛美歌を歌うこともあったのだろう・・・・と想像しながら歌うのは楽しかった。

賛美歌をたくさん歌ったけれど、幼稚園の頃から親しんでいたクリスマスの賛美歌はどれも大好きで、なんと心に響く、忘れられない旋律なのだろうと、歌いながら改めて感じた一日だった。


それにしても、作曲されてから何百年も経っているのに、いま聴いても、何度聴いても新鮮で美しく、心揺さぶられる賛美歌やクラシック音楽は、本当に凄い。飲食物や空気と同じくらい、「音」という振動は心身にとって大切だといつも感じているけれども、何世紀もの時を経ていまだに煌めきを放っているクリスマスのコラールやオルガンの調べを耳にすることができるこの季節は、またそのことを改めて思い出させてくれる。


by mitlan | 2017-12-26 01:16 | music

そこに山があるから?

かなりいい加減なようで実はわりに真面目な性格なので、ついつい、がんばりすぎてしまうことが時々ある。

そこに山があれば、しんどいなと思いつつもなんとか登ってしまうとか。

障害物があれば、ただそれを越えたいがために、とにかくがんばって越えてしまうとか。


若いうちは多少無理しても、どんなことでも身になるからそれで全然いいと思っていたけど、

そろそろ、「その山をガシガシ登る!なぜなら、そこにその山があるから!」の前に、

本当にその山を登りたいのか?」と自分に聞いてみる ということを始めようと思う。


そして、ひとつひとつの仕事を 今よりもっともっと大切にする。

昔、ちょっとメンター的な存在だった人に言われたこと。
「たくさんのことをやって結果がどれもBになるより、数は少なくてもみんなAの結果を出したほうがいい」

その時はビジネスの世界にいたので、AとかBとかいうのは成果だったりしたけど、今の場合は、仕事で関わった方々〜生徒さんや、仕事を依頼してくださる方々や、一緒に仕事をする方々など〜に、どれだけ喜んでもらえるか、楽しんでもらえるか、私とのご縁を「よかった」と思ってもらえるか、ということになる。


今ももちろん大切にしているけど、もっともっと。


数年ぶりに、「変わっていこう」と思うタイミングが来たかもしれない。「変わらなくては」とか「変わりたい」、ではなくて。


12月というのは、そんなことを改めて考えるのにいい季節だと思う。区切り、というのはありがたいものです。

振り返り、そして前に進む。過去を過小評価も過大評価もせず、未来に過大な期待もせず怖れもいだかずに、シンプルに、淡々と。

c0067272_18001691.jpeg





by mitlan | 2017-12-05 17:36 | thoughts

シンプルな、真実。

奇しくも、昨日・今日と連続で、Kushi Institute(米国)の同窓でもある才媛おふたりと会う。

昨日は日本におけるphoto therapyの先駆者、医学博士の石原眞澄さん。

今日は、かのアマン・グループで東洋医療ドクターとして世界各国のVIPに施術しているAkina Kazamaさん。

おふたりとも、自分の道をしっかり見据え、努力し、熟考しながらもspontaneousに、好奇心旺盛に、そして楽しみながら仕事をしている様子がうかがえて、超インスパイアされました。


今日、Akinaさんと確認し合ったこと。

「自分が本当にやりたいことで、かつ、周りの人がハッピーになること をやる」

もう本当に、これに尽きると思う。
シンプルだけれども、まぎれもない真実。

何があっても、そこはぶれないように、明日からも日々を過ごしていこうと思います。

c0067272_21103241.jpg



by mitlan | 2017-12-04 21:11 | People

あちこち旅をしながら、働き、考え、遊ぶ日々を綴ります。料理教室(鎌倉 Whole Foods Studio、熊本 Native Foods)、講演のお知らせもこちらに載せています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31